HISTORY阪本薬品工業の歴史

SCROLL DOWN

当社の歴史は1947年まで遡ります。
化学⼯業薬品問屋から始まり、時代の流れとともに事業の変化や拡⼤を繰り返し、グリセリンの専業メーカーである阪本薬品⼯業の姿を確⽴していきました。
トップメーカーに成⻑した現在も、その変化は続いています。

HISTORYHISTORY

年
1940
1947
阪本義雄商店 誕⽣
  • pic
    創業者・阪本義雄
1950
1951
阪本薬品⼯業株式会社へ改組
  • pic
    当時の本社前
1953
グリセリンメーカーを⽬指し、
森之宮⼯場(大阪市)が稼働
  • pic
    対岸から見た森之宮工場
  • pic
    森之宮工場:蒸留第1号缶
1960
1964
需要増に対応するため、
京橋⼯場(⼤阪市)が稼働
  • pic
    京橋工場
1970
1970
グリセリンの⽣産体制を拡充するため、
製造拠点を泉北⼯場
(⼤阪府泉⼤津市)に移転
  • pic
    泉北工場
1978
新たな事業展開としてポリグリセリン
脂肪酸エステルの製造研究に着⼿、
丸の内に東京営業所を開設
  • pic
    東京営業所
1980
1981
ポリグリセリン脂肪酸エステル
(製品名:SYグリスター)が
⾷品添加物に認可
  • pic
    1981年の新聞広告
1985
泉北⼯場に研究所を開設
  • pic
    研究所
1988
フィリピンにサカモト
オリエントケミカルズ社(SOCC)を設⽴
  • pic
    アキノ大統領(右)に
    謁見する阪本義雄社長
  • pic
    SOCC バタンガス工場事務所
1990
1994
SYグリスターの需要増⼤に対応し、
⾚穂⼯場(兵庫県⾚穂市)が稼働
  • pic
    赤穂工場
1999
阪本稜雄 2代⽬社⻑に就任
  • pic
    阪本稜雄2代目社長
    (就任当時)
2000
2004
当社グリセリンおよびポリグリセリン
脂肪酸エステルが植物由来品に切替完了
2007
グリセリン拡販に対応するため、
SOCCにプラント増設、
海外需要への対応で⾚穂⼯場に新たな
ポリグリセリン脂肪酸エステル
生産設備を増設
  • pic
    SOCC:RGプラント
  • pic
    赤穂工場:増設プラント
2010
2015
研究体制の拡充に対応した、
新研究所を開設(⼤阪府和泉市)
  • pic
    新研究所
  • pic
    新研究所開所式
2017
創業70周年を迎える
  • pic
    70周年パーティー
2020
2021
研究所内にアプリケーションラボを開設
  • pic
    エントランス
  • pic
    研究ルーム
2022
より⾼品質なグリセリンの安定供給を
⽬指し、泉北⼯場 新プラント稼働予定
Next FIELD阪本薬品工業のフィールド

RECRUITRECRUIT